【長野】合コンで知り合った隣のマンションの女子大生とセフレにまで発展した話3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事はこちら

 

久し振りだったんで慌てすぎて、少し強く触れすぎたようでした。

それでもマミは注意しないで、逆に引っ張って行ってくれました。

 

自発的に洋服も全て脱いでくれており、僕は全身を沢山舐めました。

アソコに到着する頃には、白い体が薄いピンクになるぐらい真っ赤になっていました。

 

「ちょっと…やんっ…あぁぁぁ…」

 

クリトリスを吸い上げて舌先でペロペロしていると、刺激が強烈だったのか腰が引けているようです。

それでもガッツリとバキュームし、アソコに指を挿入して攻撃を継続させました。

 

アソコの締りが強烈で、指がマヒしてしまうほどです。

 

「アタシそれダメっ…!ダメって…!!イっ…いくっ…」

 

腰を引くマミに構う事無く、僕は舐めまくりました。

すると断念したのか腰を引かなくなり、その代り腰を浮かせはじめました。

 

指が変な形になりぽっきりなるかと感じましたが、それでも努力しました。

 

「あぁぁぁぁ……ダメッ……イクッ…逝ってしまう!!」

 

ぐわっと腰が上昇し、僕の唇に腰を押し付けるようにしてマミは逝ってしまいました。

この逝きっぷりがたまらなかったです。

 

ぐわっと腰が上昇して、その後ビンビコビンと腰が痙攣して、数秒してまたビンビコと震えるんです。

これを何度か行うようにして、ようやく腰を下ろすようになりました。

 

その間舐め続ければ良いのかダメなのか理解できずに、ただひたすらに舐めまわしていました。

 

「ちょっとぉーーアタシ舐められて逝くの初体験だったんだけどーーーー」

 

逝ってしまった余韻に浸ってるマミの横に寝ると、抱き付いてきて言いました。

この時発覚したのだが、まだ僕は全身洋服を着た状態です。

マミだけが全裸状態だったんです。

 

「舐められるの好き?もっと舐めてやろうか?」

「ちょっとしばらくはきつい。身体が行かない…」

「激しく逝きすぎたんだよ」

「なにぃーー?じゃ次はアタシが逝かせてあげるわ!」

 

服を脱がされて布団の上に仰向け状態で眠らされて、この後はマミからの全身リップです。

風俗とは異なりぎこちない舌の動きをしていましたが、それがまたいい感じでした。

チンポもビンビンで、カウパーダダ漏れです。

 

「ねぇーねぇーめっちゃ出てるんだけど…?」

 

舌先で尿道をゴンゴンしながら言ってきました。

 

「マミの舐め方がちょっとエロいからだよ」

 

フェラは不慣れな感じはしましたが、確実に舐めて一生懸命行うタイプです。

これがまた素人丸出しでgoodなわけで(笑)

太ももにプニプニとぶつかる巨乳の感触もよく、最高超状態。

 

そして体をチェンジさせて正常位で入れることに。

しかも生での状態で。

 

ゴムは…と思ったのですが、マミがポコチンを握り自身から入れようとしたんです。

ここで「ゴムは?」などと言う事も出来ないで、そのまま装着しちゃいました。

 

 

thumb2 (16)

 

続きを読む

 


dfj29rj1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加