【長野】合コンで知り合った隣のマンションの女子大生とセフレにまで発展した話1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学に入学して初めて1人暮らしを開始しました。

築20年の古い2階建てのアパートだ。

 

代々同じ大学の先輩が住居するらしく、それなりに楽しめていた。

住んでいる住人は全員同じ大学の仲間なので。

僕が入学する年に、隣のマンションにも入居が開始されたようだ。

 

僕らが住んでるアパートとは異なり、オートロックの5階建てマンション。

寮じゃないのだが、そこには近所にある女子大の女の子がたくさん住んでいました。

中にはOLさんっぽい人もいましたが、女性専用っぽいマンションでした。

 

マンション側の部屋には、毎晩男子たちが来て、いつもワイワイしていました。

別に女の子達が来てくれるわけでもないのに、いつもいつもどんちゃんさわぎ。

僕は反対側住んでいたので、その集まりには参加していませんでした。

 

夏になって実家に帰省した時、地元に住んでいる友人が合コンを開催してくれました。

大ざっぱな合コンで、男が3人で女の子が5人というアンバランス。

 

途中で発覚したのですが、その中に偶然隣のマンションに住む女の子がいたのです。

 

「俺はその隣のアパートだよ!本当に?」

「そうよ!偶然だね!こんなとこで合う事になるなんて」

 

名前はマミ。

 

やはり女子大に通っている1年生。

大学の話だとかマンションの話をしているうちに、かなり良い感じになりました。

 

それで連絡先を交換し合い、戻ってからも連絡とり会おうとなりました。

大学の友達にその話をすると、やっぱりコン要請がいっぱいきました。

2日目にして先輩からも要請が来るほどでした。

 

人数が20人以上なので、マミに尋ねてみました。

男の奢りならOKとうことで、数回に分割して合コンを開催してもらいました。

 

その全てに僕も参加しなくてはいけないのですが、僕の分は他の男子だ出費してくれました。

4回目の合コンの時、トラブルが発生しました。

 

ちょっと風邪気味だったマミが、途中で泥酔状態に陥ったんです。

マミを心配して女の子達が返してあげようとすると、当然合コンは終わってしまうのです。

 

それを防止するべく、男たちが言いました。

 

「お前地元が同じなんだから、しっかり送ってあげろよ!」

 

無理やりにそんな流れになって、結局送っていくことになりました。

熱はないけど、風邪薬を使っていたみたいで、それで泥酔したみたい。

足もともヨタヨタしてますし、いきなりゲラゲラ笑ったりする酔っ払い。

 

バスもないしタクシー来ないような田舎だったので、30分以上かけて歩くことに。

マンションの前に到着してオートロックを開けてもらい、エレベーターまで送り届けました。

そこで僕は帰宅しようと思ったのですが、部屋まで行けそうな感じではありません。

 

ちょっとワクワクしながら、部屋まで送っていきました。

部屋は8畳の1Kで、かなりオシャレな構造でした。

 

ロフトで寝ているようだったので、上まで運ぶか悩みました。

でも怪我したら危ないので、布団を運んで下に寝てもらったんです。

 

thumb2 (18)

 

続きを読む


dfj29rj1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加